「事故で相手が無保険」でも支払われる【人身傷害保険】とは?

人身傷害保険とは、人身事故に遭ってしまった場合、過失割合に関係なく保険金を受け取ることができる保険です。自分自身に過失がある場合にも、その過失分も含めた損害額の全額を補償してもらうことができます。

もし、相手がある場合の人身事故では、通常であれば示談が成立しなければ賠償金を受け取ることはできないのですが、人身傷害保険に加入している場合には示談の成立に関係なく保険金は支払われます。

示談が成立していない場合にも保険金は支払われますから、ケガの治療費などを心配する必要がありません。

人身傷害保険が支払われる場合

人身傷害保険が支払われる対象となるのは

・被保険自動車に搭乗していた際の人身事故
・他の自動車に搭乗していた際の人身事故
・自動車に搭乗中以外の人身事故

このような場合が対象となるのですが、全てが補償されるのは「記名被保険者」「配偶者」「同居の親族」「別居の未婚の子」の場合です。

「それ以外の人」の場合は、被保険自動車に搭乗していた際の人身事故では補償されますが他の自動車に搭乗していた際の人身事故と自動車に搭乗中以外の人身事故では補償されません。

自動車に搭乗中以外の人身事故というのは、自動車ではない自転車や電車や飛行機、エスカレーターや駅構内などでも人身事故のことを言います。

人身傷害保険が支払われない場合

・被保険者の故意
・被保険者のきわめて重大な過失
・無免許運転
・飲酒運転
・薬物服用による運転で生じた損害
・地震
・火山の噴火
・津波
・放射能汚染
・原子力による損害
・暴動
・戦争
・内乱

このような場合には保険金は支払われません。

人身傷害保険には加入するべきなのか?

自分自身がケガを負ってしまった場合や搭乗者である家族にケガを負わせてしまった場合、ケガの具合によっては治療費が高額になってしまう場合もあります。生命保険に加入していることで補償される場合もありますが、支払われる補償金が少ない場合には治療費の支払いが困難になってしまう場合もあります。

しかし、人身傷害保険は条件によって支払う保険料が高くなってしまう場合もありますし、加入する保険会社によっても異なります。

自動車保険に新しく加入する場合、自動車保険を見直す場合、人身傷害保険への加入も含めた支払う保険料がどれくらいになるのか?
複数の保険会社に見積もりを依頼してみるなど比較しながら選ぶと損はないでしょう。

加入する保険会社によって支払う保険料には大きな差が生じる場合があります。補償内容はもちろんなのですが、保険料も比較することで支払う保険料をしっかりと抑えることができます。

人身傷害保険の保険金はどれくらい受け取ることができるのか?

「算定損害額」-「相手から支払われた賠償金など」=『受け取ることができる保険金』
このように計算することができます。

算定損害額から賠償金などを引いた額を受け取ることができるのですが
算定損害額から引かれるものには
・自賠責保険等の支払額
・労働者災害補償保険からの給付金
・賠償義務者からすでに取得した損害賠償金
・賠償義務者が負担すべき損害賠償責任の額
このようなものがあります。

また、人身事故保険で受け取ることができるものは保険金以外にも「臨時費用」というものがあり、保険金額の範囲内で支払われます。

・死亡の場合は10万円
・入院3日以上の場合は2万円
・3日以上入院した後に死亡した場合には12万円

人身事故に遭ってしまった場合、ケガなどによる肉体的なダメージはもちろんなのですが、精神的なダメージもとても大きいものですよね。さらに治療費や入院費などの金銭的な不安や問題が生じてしまうことはとても苦痛です。人身傷害保険に加入しておくことで精神的なダメージや苦痛を抑えることもできるのです。

愛車がいくらで売れるか調べるなら!⇒車査定サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする