自動車保険【ダイレクト型】と【代理店型】の違いは?

テレビCMなどで「ダイレクト自動車保険!」とか「通販型自動車保険!」といった言葉を聞いたことはありませんか?

ダイレクト自動車保険ってどんな自動車保険なんだろう?と気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。また、はじめての自動車保険、という人もいらっしゃるでしょう。

通販型(ダイレクト)の自動車保険、そして従来の代理店型の自動車保険にはどのような違いがあるのか?どちらの保険が良いのか?

メリットやデメリット、それぞれの保険の特徴などをご紹介しましょう。

通販型(ダイレクト)の自動車保険と代理店型の自動車保険の違い

通販型の自動車保険はダイレクト型と呼ばれることもあるのですが、電話やインターネットなどを介して契約者と保険会社が契約を結ぶことができる自動車保険です。

通販型(ダイレクト)の自動車保険が注目されている理由は、保険料の安さです。1998年に保険業法が改正されたことによって、保険会社が保険料を自由に設定することができるようになり、保険料の安さを魅力とした自動車保険が展開されるようになりました。

その一方で、代理店型の自動車保険は、代理店を介して契約者と保険会社が契約を結ぶことができる自動車保険です。

通販型(ダイレクト)の自動車保険の特徴・メリット・保険料の安さの理由

電話やインターネットを介して加入の申し込みなどができる便利さ、通販型ならではの割引、保険料の安さが魅力です。やり取りのほとんどが電話やメールですので、直接店舗に行かなければならないような面倒や手間は一切ありません。

見積もりの依頼もインターネット上で出来ますし、相談もメールで手軽に出来ます。

インターネットを使ってご自身で情報を集めながらプランの内容や保険料などを比較しながら保険会社を選ぶこともできます。

加入する際の申し込みの手続きはインターネットや郵送を利用して行いますのでお好きな時間に出来ますし、直接店舗に行く必要が一切ないので、店舗の営業時間を気にする必要がなく忙しい人でも手続きがしやすいという魅力もあります。

また、通販型(ダイレクト)の自動車保険は保険料の安さが最大の魅力とも言えるのですが、保険料の安さにはもちろん理由があります。

電話やインターネットを介することで、店舗を運営するために必要な人件費や手数料が必要ないためコスト削減になりますし、店舗を必要としませんので店舗を借りるための家賃や光熱費なども一切必要ないため、代理店型と比べてコストが大幅に削減され、その分、保険料を安くすることができるのです。

通販型(ダイレクト)の自動車保険はインターネットを介することで24時間いつでも手続きが可能です。インターネットから加入の申し込み手続きを行うだけで保険料の割引が適応される保険会社もあります。

代理店型の自動車保険のメリット

代理店型の場合、自動車保険以外の生命保険なども一括して取り扱っている代理店もあります。保険のほとんどをまとめて契約することができるのでとても便利です。

店舗へ直接行くということは、その店舗にいる保険のプロに直接相談することができますし、アドバイスを受けることができるので比較や検討がしやすいというメリットがあります。

自動車保険に関して全くの無知な場合でも自分自身で調べることなく保険のプロが全て教えてくれますし、手続きのほとんども担当者が行ってくれるため面倒や手間が一切ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする