ゴールドなら自動車保険が安くなる!【ゴールド免許割引】

過去5年間、加点対象となる違反や交通事故が一切ない優良運転車に対して、運転車講習を受講することで与えられる運転免許証のことをゴールド免許と言います。

保険会社にとって、ゴールド免許であるということは、交通事故のリスクが低い契約者であるということですので、ゴールド免許である運転手は優遇されるようになっています。
ゴールド免許である運転手には、ゴールド免許割引というものが適応され、自動車保険の保険料が大幅に割引されるのです。

保険内容を見直したり、保険会社を乗り換えたいなという場合、複数の保険会社へ一括見積を依頼することができる便利なサイトがあるのですが、見積もりに必要な記入項目にも免許証の種類を記入する欄が必ずあります。
保険料の見積もりにも免許証の色はとても重要だということなのです。

ゴールド免許である場合、保険料は4%から8%ほどが割引されるのが一般的です。
しかし、保険料や割引率は保険会社によって異なります。中には10%も割引が可能な自動車保険もあるようです。

ほぼ毎日のように車に乗っているけれど、過去5年間ずっと、加点対象となる違反や交通事故が一切ない!という運転者ももちろんいらっしゃると思いますが、実際はゴールド免許を所有している運転車のほとんどがペーパードライバーであるという事実もあります。

ペーパードライバーであればすぐにゴールド免許が取得できてしまいますよね。
しかし、ほぼ毎日のように車に乗っている運転者の場合にも、しっかりと交通ルールを守り安全運転を心がけていればゴールド免許を取得することができ、保険料の割引も適応されます。

保険期間中にゴールド免許になった場合

契約期間中である場合にも、契約条件に変更がある場合は内容を変更して保険料を精算することができる可能性があります。

では、保険期間中にゴールド免許になった場合、保険料の割引が適応されるのか?
いいえ、適応されません。

ゴールド免許割引というのは、更新時や契約時に記名被保険者がゴールド免許を所持していることを条件として適応されるものです。保険期間中にゴールド免許になったとしても、ゴールド免許割引は適応されないのです。更新時になれば適応されますので申請し忘れてしまわないように注意しましょう。

ゴールド免許割引が適応されている保険期間中に違反してしまった場合は?

違反してしまった場合にも、交通事故を引き起こしてしまった場合にも、すぐに免許証の色が変わってしまうわけではありません。

上記でも説明した通り、
「更新時や契約時に記名被保険者が何色の免許証であるか」
ということがポイントなので、ゴールド免許割引が適応されている保険期間中に違反してしまっても、そのままゴールド免許割引は適応されます。

違反してしまったり、交通事故を引き起こしてしまったことによって、更新時に免許の色がゴールドでなくなってしまった(ブルーになってしまった)場合には、ゴールド免許割引は適応されません。

また、代理店損保系の自動車保険の場合、年齢条件が一定以上に達していないことで、ゴールド免許割引が適応されないという場合もあるようです。そのような自動車保険に加入していないかどうか、そのような自動車保険に加入している場合には年齢条件を一定以上に達することができてきるかどうか、チェックしてみましょう。

ゴールド免許割引は、4%から8%、最大では10%割引が適応される自動車保険もあります。ゴールド免許割引でいくら保険料が安くなるのか、一括見積サイトなどを利用してチェックしてみてはいかがでしょうか。自動車保険の見直しにもとても便利です。

今乗ってる車はいくらくらいで買取されているんだろう?⇒車査定 相場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする