【対人対物無制限】1番安い自動車保険はココで探す!一括見積り

【対人対物無制限】1番安い自動車保険はココで探す!一括見積り

自動車保険は「対人対物無制限」は、もはや当たり前!絶対に外してはいけない項目です。
一括見積りをすれば自動車保険料を簡単に比較する事ができます。

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」

今すぐ一括見積りはコチラ

対人賠償保険も対物賠償保険も無制限で!

対物賠償保険は、500万円・1000万円・無制限などの補償限度額を選んで契約することができるのですが、基本的には「無制限」で契約することをオススメします。

 

対人賠償保険の場合も無制限での契約をオススメするのですが、相手を死亡させてしまった場合の賠償金の金額があまりにも高額ですので、制限してしまうと保険に加入しているにも関わらず支払えなくなってしまう可能性もあるからです。

 

対人賠償保険

対人賠償保険とは、交通事故を引き起こしてしまったことによって、相手にケガを負わせてしまったり、相手を死亡させてしまった場合などに「自賠責保険の補償額を超えてしまう分」を保険会社から支払われるというものです。

 

対人賠償保険は任意保険なのですが、任意保険の中でも最も重要で大切な保険です。
とくに相手を死亡させてしまった場合、億単位の賠償金の支払いをしなければならなくなってしまう場合がありますが、自分自身では支払うことができる金額ではありませんよね。

そのような場合にとても必要な保険なんです。

 

例えば、交通事故を引き起こしてしまい、相手を死亡させてしまった場合。賠償金1億を支払わなければならない場合、自賠責補償額が3500万円。残りの6500万円を保険会社が補償してくれる、というものです。

相手を死亡させてしまった場合の賠償金は、一般人にはとんでもない金額です。対人賠償保険には必ず加入しなければならない!強制だ!と言っても過言ではないほど重要な保険だと思うのですが、実際には加入率は85%ほどです。

 

みなさんが車を走らせているとき、前後や対向車線を走っている車のうち15%は対人賠償保険に加入していないということになります。15%はとても大きな数字ですよね。賠償金1億!なんてことになったらどうするんだろう?と思ってしまいます。

 

対人賠償保険が適応されるのは、ケガや死亡させてしまった相手「他人」である場合のみです。車庫入れをしている最中に自分の子供をひいてしまった場合、単独事故によって後部座席に乗っていた両親もケガを負わせてしまった場合、このような場合には相手が家族であって他人ではないので補償金は支払われません。

 

では、対人賠償保険が適応された場合、支払われる補償金の金額はどれくらいなのか計算する方法をご紹介しましょう。相手に補償される金額なので、加害者の過失割合によっても変わるんです。

 

対人賠償保険金額を無制限で契約し、加害者の過失割合が60%だった場合。
「被害者の損害額」×「契約者(加害者)の過失割合」-「自賠責保険の補償額」
イコール「対人賠償保険金の支払い額」となります。

 

加害者の過失割合が60%ということは、被害者の過失割合も40%はあるということになるので、その40%分は加害者が自己負担しなければなりません。
もちろん自己負担分を補償してもらうことができる保険もあります。

 

対物賠償保険

対物賠償保険とは、交通事故を引き起こしてしまったことによって、相手の財物に損害を与えてしまった場合に補償される保険のことを言います。

アクセルとブレーキを踏み間違えてスーパーに突っ込んでしまった、なんてニュースを耳にしたことがあるのではないでしょうか。商品の代金やお店の修理代など、物に対する補償がされる保険です。
もし、このスーパーが営業できなくなってしまった場合には、休業損失というものが発生しますが、その場合にも補償がされます。

 

 

【対人対物無制限】の自動車保険を各社比較する事で、一番安い自動車保険を探すことができる!

任意の自動車保険は、加入する保険会社によって保険料が大きく異なります。
加入する際の年齢によっても大きく異なりますし、条件によっても大きく異なります。

ですから、任意の自動車保険に加入する際には、しっかりと比較してから加入しなければ、とても大きな損をしてしまう可能性があるのです。

保険料を支払い過ぎてしまっている可能性だってありますし、無駄な保険料は支払いたくありませんよね。

 

今、ご自身が加入されている任意保険はいかがでしょうか。
無駄な保険料を支払ってしまってはいませんか?
今からでもぜひ比較してみてください。自動車保険を見直す、よい機会になるかもしれませんよ。

保険料は加入する際の年齢によっても大きく異なるのですが、基本的には
・全年齢補償
・21歳以上補償
・25歳以上補償
・30歳以上補償
・35歳以上補償
この5つに区分されています。

区分は保険会社によっても異なりますので、加入したい区分がある保険会社を選ばなければなりません。
全年齢補償を選んだ場合には他の区分と比べて保険料がかなり高額なものになります。

最近では若い年齢の人の車離れが進んでいますよね。
基本的に若い年齢の人の保険料は高く、40代や50代の人の保険料は安くなっています。
しかし、若い年齢の人の車離れによって年代別の交通事故リスク度は変化してきていますから、今後は中年者や高齢者の人の保険料が高くなっていく可能性も考えられます。

若い人の場合、ペーパードライバーであることで交通事故のリスクが軽減されている、なんてことも多いようですよ。

 

一括見積りを使えば自動車保険の比較が簡単!

保険会社や保険料の比較をしたい時に
とても便利で強くオススメしたいのが、一括見積サイトです。

いろいろな一括見積サイトがあるのですが、私が最もオススメするサイトは
『保険スクエア bang!』という一括見積サイトです。

誰でも簡単に利用することができるくらい利用方法は単純ですし、短時間で複数の保険会社へ一括見積を依頼することができます。

 

自動車保険の一括見積の流れについて

まずは「http://www.bang.co.jp/」へアクセスします。
パソコンからもスマートフォンからもアクセスすることができます。

1. 一括見積に必要なものを用意します。
免許証や保険証券などです。
自動車保険に新規加入する場合には車検証も用意します。

2. 条件の入力(必要項目の入力)を行います。
車についての情報、現在の契約内容、契約者についての情報、補償内容などです。
全ての必要事項を入力したら、一括見積を依頼します。

3. 一括見積の結果を比較し、検討する。
一括見積の結果は、メールまたは郵送にて各保険会社や損害保険代理店から届けられます。

※.一括見積を依頼することができる保険会社
・アクサダイレクト
・SBI損保
・そんぽ24
・ソニー損保
・三井ダイレクト損保
など、たくさんの保険会社や損害保険代理店へ一括見積を依頼することができるのですが、みなさんがご存知の保険会社や損害保険代理店もあるのではないでしょうか。
その他の保険会社や損害保険代理店についてや詳しい情報は『保険スクエア bang!』へアクセスしてご確認ください。

 

自動車保険の一括見積りで安くなった事例

『保険スクエア bang!』で一括見積を依頼し比較したことによって、最大で¥50000以上も保険料が安くなったというケースがあります。

平均でも¥25000も保険料が安くなっています。

みなさんが今加入されている自動車保険の保険料はおいくらでしょうか。
その保険料から¥50000引いてみてください。
それだけ保険料が安くなったら嬉しいですよね。
その¥50000を自由に使うことだってできます。

自動車保険を比較しないということは、保険料を¥50000も無駄に支払っている可能性があるということですし、とても恐ろしい金額ですよね。